スキップしてメイン コンテンツに移動

高田世界館への道。

東京から上越市の高田世界館に行ってきました。今回は夜行バス(¥5,300)を利用したのですが、リッチなあなたは新幹線(¥9,470)で行くことでしょう。新幹線だと東京駅から上越妙高駅まで2時間、そこから えちごトキめき鉄道に乗り換え、5分ほどで高田駅に到着します。トキめき...

ここで超重要な事をお教えします。上越新幹線は上越市を通っていません。東京駅でうっかり上越新幹線に乗ると新潟市に行ってしまいます。新潟市と上越市は100km以上離れています。上越市に行くのは、北陸新幹線!肝に命じてください。
さて、話をバスに戻します。新宿駅前のバスタ新宿を23時10分に出発し、うとうとしていると朝の5時21分に高田駅に到着しました。(事情により夜行バスを利用しましたが、朝7:50に池袋を出て、13:21に高田駅に着く便をお勧めします)バスは三列シートでトイレ付です。窓は全方向にカーテンが引かれているので、新宿の猥雑な風景の後がいきなりこの駅前になります。静かだ。
不思議な和洋折衷感...高田駅。

駅からまっすぐ進んで、左に曲がるだけらしい。

5分ほどで小さな川を渡る。

アートホテル上越の角を左に曲がる。

すると遠近法的な光景が。左側を進む。

睨まれる。ユル・ブリンナー?

歩道に張り出したひさしは雁木(がんぎ)といい、雪の多いこの地方ならではの建築様式です。

バーン!見落とすバカはいない。朝5:30に到着してどうすりゃいいの?

朝焼けに輝く世界の高田世界館。

「Since1911 日本最古の映画館」の文字は控えめ(左上)

入り口の小部屋には古い映写機が飾られている。

よく見ると高田日活と書かれた往年の看板が。

建物前方のコーンが置いてある部分は映画館の駐車場ではありません。建物の裏に停めてください。

ということで、東京から日帰りで来れる高田世界館でした。

でも連休だし本当は一泊してもらって、レトロな街並みやお城、海の幸、日本酒も味わって頂き、温泉にも入って上越市の魅力を存分に味わってほしい。駅前にはビジネスホテルが数軒あるし、高田世界館の裏手にはゲストハウスも二軒あります。一泊3,000円から。


ちなみに帰りのバスは到着した場所と全然違うところから出発するので、要注意です。

おわり





コメント

このブログの人気の投稿

素晴らしき高田世界館。

明治44年(1911)に芝居小屋として作られた高田世界館。今年で108年の歴史を誇る貴重な建物を探訪してきました。
道に面した入り口。映写機が飾ってある小部屋は昔チケット売り場だったそうです。
お花畑を突き進むと
おぉ、レトロな看板がある扉が入り口です。
「登録有形文化財 by 文化庁」と「近代化産業遺産 by 経済産業省」をダブル受賞!
扉を開けるとチケット売り場。
マジのヴィンテージ感にヤラれます。本物!
レトロとしかいいようがないロビー。 そして今でも毎日上映している現役館というのが凄い。
大きなノッポの古時計は動いておりません… 令和の文字の下には昭和のインベーダー。
レペゼン新潟!地元アイドルNegicco。 ビデオもジャケット写真もここで撮影したそうです。

7/13(sat) 高田漣とエミ・マイヤー 素敵なお二人会

祝!築108年!祝!Wレコ発!日本で一番古い現役映画館、高田世界館で聴くグッド・ミュージックの夕べ。
高田漣とエミ・マイヤー 素敵なお二人会
日時:2019年7月13日(土) 開場15:30/開演16:00
会場:高田世界館(新潟県上越市)
料金:前売4,500円/当日5,000円(税込/自由席)
チケット予約:高田世界館 025-520-7626(9:30~20:00頃/火曜定休)/メール「素敵なお二人会」info@emimeyer.jp
*予約時はお名前と枚数、電話番号をお申し付けください。お支払いは当日会場の窓口となります。チケット発売中!
https://emimeyer.jp/568